カテゴリ:未分類( 295 )

小湊鉄道一人旅



カステラ色の列車が

コトンコトン
5月の風の中を走る


e0344574_21312087.jpg



e0344574_21312985.jpg



列車の中のポスターで見かけ
車掌さんに場所を訊いた踏切

「今、通り過ぎましたよ
次の駅で降りて15分位歩けば行けます
駅で自転車も借りれますよ
100円です
線路のこっち側から撮ったんですよ」

と親切な若い車掌さんでした

それが↓の踏切



e0344574_21320620.jpg



緩い坂の上に
その遮断機のない踏切はありました




e0344574_22122305.jpg





e0344574_21321667.jpg


早苗田に
雲が遊び

花や木の香りを
風が運ぶ

のんびりと
小湊鉄道一人旅



[PR]
by taephoto | 2018-05-15 06:00 | Comments(7)

朝露が降りると晴れ




朝の光が
草むらに届くと

忙しい!!


e0344574_06462231.jpg



キラキラ輝く
朝露を
眺めていたいけど



e0344574_14434136.jpg



そんなに
ノンビリしてられない



e0344574_14433413.jpg



だって
すぐに消えちゃうからね

急がなきゃ


e0344574_14440087.jpg


まだ
まどろみの中の
ニワセキショウ



e0344574_14435026.jpg



朝日が射しこみ
芝生や草むらが輝き始める
わずかな時間

服を濡らしながら
消えないうちに
ひたすら撮る

至福の時間ヽ(^o^)丿
(この後、腰痛地獄が待っているのよね~(;´д`))


「朝露が降りると晴れ」
天気のことわざにあるそうです

そう
この日はよく晴れた

でも
今日は雨

GWが終わり、今日からまたお仕事や授業ですね
いつも通りの生活が戻ります

連休疲れしてませんか
お気をつけてお過ごしくださいね










[PR]
by taephoto | 2018-05-07 07:33 | Comments(14)

ダルマ朝日




ちょっとばかり眠たい目を
しばたかせながら

日の出前の
近くの海岸へ
自転車を走らせ

どうにか間に合った
( ´ー`)フゥー...


e0344574_15164033.jpg


対岸の
工場の煙が
生まれたばかりの
太陽の中で
たなびき


e0344574_17000210.jpg


両端には

それはそれは
美しい光景であった



e0344574_15171105.jpg


数分後には
何事もなかったように

いつもの
穏やかな海




e0344574_14425009.jpg


ダルマ朝日

いつも見られる訳ではないので
今朝はラッキーだった

でもね
ダルマさんというより
フリフリのスカートをはいた
クラゲみたいと思ったのでした^^




[PR]
by taephoto | 2018-05-05 17:22 | Comments(8)

爽風




この公園で
初めて見た
ハクウンボクの
白い花

お馴染みの公園なのに
これまで
この花には気づいてなかった

ごめんなさいです


e0344574_05552906.jpg



エゴノキの花に似てるけど
葉っぱの大きさが

全然違う



e0344574_05553818.jpg


そしてね
芝生の端っこに
早くも
ポツリポツリと
ニワセキショウ



e0344574_05544422.jpg


爽やかな風に
ゆらゆら
揺れていた


e0344574_05543450.jpg




公園の散歩中に素敵な女性を見かけた

芝生に小さなシートを敷き
白っぽい帽子をかぶり
本を読んでいた

背筋を伸ばし
読んでいた

その姿がとても美しく
撮らせてもらいたいと思ったけど

何だか
声をかけてはいけないような気がして
邪魔してはいけないような気がして

通り過ぎた







[PR]
by taephoto | 2018-04-24 08:57 | Comments(10)

白い花が咲いてた




白い花が咲いてた

いつもの散歩道



e0344574_04465069.jpg


桜の散った道には
人影もまばらで


e0344574_04165422.jpg


足を止める人も
いないけど


e0344574_04164353.jpg


時季がくれば
必ずそこに
咲いてくれる



e0344574_04161336.jpg


この子達に
出会うとね

あぁ
今年も咲いてくれた
と思うわけ

そんなときの私は
きっと
口角が上がってる


人には見られたくないけど・・・




[PR]
by taephoto | 2018-04-18 04:48 | Comments(4)

元気なチューリップたち


今年の春は
チューリップも
早く咲いて

横浜では
もう見頃を過ぎた



e0344574_22074312.jpg


でもね
ここには
まだまだ元気な子たちが
たーくさん
咲いてました


e0344574_22075205.jpg



群馬フラワーパークの
かわいい
チューリップ




e0344574_22081578.jpg


こういう子たちに
メロメロ



e0344574_22082797.jpg



チューリップの近くの芝生に
ぽつんと
一人で咲いていた
スミレ

ちょっとピン甘だけど
許してね



e0344574_22080502.jpg


撮影ツァーに参加して
初めて行った
群馬フラワーパーク

綺麗なお花が咲き競う
花の園

1時間の滞在時間で
心を残しつつ
次へと移動したのでした






[PR]
by taephoto | 2018-04-13 06:00 | Comments(6)

春を乗せて



五井駅のお弁当屋さんで
美味しそうなお弁当買って

小湊鉄道お写ん歩女子旅

さぁ
出発!!


e0344574_11203229.jpg

「れっしやが きます」

この素朴さが
たまりませ~~ん!!!


e0344574_14342807.jpg




e0344574_11204598.jpg




e0344574_11213489.jpg




e0344574_11211257.jpg





e0344574_15392825.jpg


4月の初め
小湊鉄道沿線は
桜と菜の花が満開

見頃の花に囲まれて走る
トロッコ列車から
満面の笑みで
手を振る人たち

次は乗る側にいたいなぁ
なんて、ね^^



今月の終わりころには
田植えが始まると聞いた
田に風が渡り
植えたばかりの早苗が
揺れるころ

また行きたいな












[PR]
by taephoto | 2018-04-06 15:49 | Comments(14)

レンゲソウ



生まれ育った地域は

3月のお節句も
5月のお節句も

ひと月遅れだった





e0344574_07193818.jpg


4月3日が
桃の節句

女の子たちは
よもぎ摘みを任され

田んぼの土手へと
くりだす


e0344574_10240775.jpg


水のはられてない田んぼには
レンゲソウが
咲き乱れ



e0344574_07214663.jpg


よもぎ摘みそっちのけで
花飾りつくりに夢中になって

髪飾りにしたり
首飾りにして

大きな声で笑った


e0344574_10232925.jpg



先日
この風景を目にした時
幼い頃の思い出がよみがえり

涙があふれてきた

今は
ほとんど見られなくなった
レンゲソウの咲く田んぼ

あの頃
一緒に遊んだ友達は
どうしているだろうか

元気でいるだろうか






[PR]
by taephoto | 2018-03-30 10:52 | Comments(4)

桜と菜の花と




小さな川に
桜が枝を広げ

土手には菜の花




e0344574_07200059.jpg


耳を澄ませば

ちいさな流れの音が
心地よく
いつまでも
聴いていたいのだった




e0344574_07203615.jpg


花曇りの
空の下
川は流れる


e0344574_07235697.jpg



桜と菜の花が
歌う


e0344574_07241725.jpg




e0344574_07212254.jpg


ずーーっと
こんな景色をみたかった

念願叶ったそこには

童謡「春の小川」の
世界が
広がっていて

撮っては食べ
飲んでは撮り
      (お酒じゃないです!!)
 
ノーンビリ
過ごしたのでした

葉子さーん
有難うございましたぁ
楽しかったです(^^♪





[PR]
by taephoto | 2018-03-29 08:42 | Comments(4)

春の妖精



林の中で

ちょっとうつむきながら


e0344574_06194288.jpg



春が来たよと
歌ってた



e0344574_06175569.jpg


春の妖精たち


e0344574_06183147.jpg





e0344574_06205167.jpg





e0344574_06173911.jpg





e0344574_06192014.jpg
                  (城山 カタクリの里にて)




毎年、桜だよりが聞こえるころになると
そわそわする

南国生まれで南国育ちの私には
カタクリの花や、コブシの花は憧れの存在だった

縁あって、関東に住むようになり
この花たちに会えることが嬉しくてならない




[PR]
by taephoto | 2018-03-25 06:52 | Comments(8)